ビジネス書 自己啓発本 「本当に役立つ本」 紹介 !

年間300冊以上好きで読んでいますので、アウトプットしようと決意。できるだけ質のいい、活かせる情報を。

「40代にしておきたい17のこと」  本田 健

40代は後半の人生の、
フレッシュスタートを切れる10年。

そんな1文に共感して読みました。

40代にしておきたい17のこと

著者は「30代にしておきたい17のこと」の帯に「30代で人生の90%が決まる!」という刺激的なコピーを書いたので、「やっぱり40代はもう人生の後半に入るので希望が薄いのですか?」という類の質問が止まらなかったとのこと。

 

そこで著者はすでに40代を経験した50代、60代、70代の方にいろいろとインタビューをし、自身の40代前半も顧みながら本書を書かれました。

 

リサーチの結果、40代は、20代、30代には無い経験と、50代にはない若さの両方を兼ね備えている起業家が成功し始めるのは40代からというデータも得ました。

 

そして幸せな40代を送るために必要な知識、経験、考え方、行動など、様々な視点から17のことを書かれています。先日ご紹介させていただいた「50歳の衝撃」と同じく、40代になる前に読んでおいて損はない良書だと思いましたので、役立つ本に入れさせていただきました。

booktime.hatenablog.com

 

既に40代に入っているけど、もっとこの40代を有意義にしたいと思っている方、幸せな50代を迎えたいと本気で思っている方、30代だけど40代を迎えるためにどんな用意をしておけばいいのか興味がある方、人生の後半を楽しく自由に生きたいと心底思っている方、そんな方々には最適な1冊だと思います。今日から始められる役立つ知識がたくさん詰まっています。

 

著者は経営コンサルティング会社、ベンチャーキャピタル会社など、複数の会社を経営する「お金の専門家」。独自の経営アドバイスで、いままでに多くのベンチャービジネスの成功者を育ててきた。育児セミリタイア中に書いた小冊子「幸せな小金持ちへの8つのステップ」は、世界中130万人を超える人々に読まれている。「ユダヤ人大富豪の教え」をはじめとする著書はすべてベストセラーで、その部数は累計400万部を突破し、世界中の言語に翻訳されつつある。

 

ポイントとして、

 

①できること、できないことを見分ける

②自分史を書いてみる

③60代、70代のメンターに教えを請う

④先立つ後悔をいましておく

⑤健康と時間を資産だと考える

⑥お金とどう付き合うかを決める

⓻ノーと言う勇気をもつ

⑧世界に自分が何を残せるかを考える

⑨自分のサンクチュアリをもつ

⑩家族とつながる最後の10年を大切にする

⑪パートナーシップと向き合う

⑫新しいことに挑戦する

⑬現在の人生の中にある祝福を数える

⑭手が届く夢をかなえる

⑮絶対にあきらめない

⑯正しいことよりも楽しいことを選択する

⑰人生の意味を見出す

 

どうでしょうか。何か興味を惹く文章はあったでしょうか。

20代や30代と違って、やはり40代には「健康」「お金」、そして「時間」というキーワードが本文でも目立ちます。残りの人生を幸せに生きるには、この3つとうまく付き合っていく必要がありそうです。

また1つめに、「できること、できないことを見分ける」というものが来ていることが ”40代ならでは!” と思いました。

 

 ・特に共感したこと

①できること、できないことを見分ける

・得意なことと、不得意なことを見直す
そうしておくと、これからあとの人生を楽しくられる。40代になったら努力してもできないことは、潔くばっさりと捨ててしまうのも1つ。いつまでも不得意なことをして、不幸になっている時間は無い。

 

それよりも、得意なことに注目して、それを活かせる新しい分野に進む。あるいは得意そうな分野を狙っていくほうがいい。

 

・大事なことにフォーカスする

仕事が大事なら、いまからやりきる。
家族が大事なら、家族を大事にする。
お金が大事なら、お金を増やしていく。

そうした大事な事と向き合って、きちんとやっていく姿勢が大切。意識していないと「自分は本当に何をしたいのか」を考える間もなく、50代になってしまう。

 

・他人の評価に振り回されない

評価されない理由には

1)自分のいる場所が悪い

2)会社のシステム、上司が悪い

3)物事のタイミングが悪い

4)取引先や時代が、自分の扱う商品やサービスをわかっていない

いまの状況や環境、待遇に不満だとしても、その感情に流されずに自分のできること、やるべきことをきちんとこなしていくことが大切。

 

社長になる人の多くは、40代で不遇の時期を過ごしている。そして、もう辞めようかなと思ったときでも、ぐっとこらえて、その場所で全力を尽くし、10年後にカムバックを果たしていることが圧倒的に多い。

 

⑤健康と時間を資産だと考える

 見過ごしがちな資産は「健康」と「時間」。お金や土地などだけではない。

お金を増やすのは大変かもしれないが、極端なことを言えば、お金は無駄遣いをやめて、賢く運用すれば必ず増えていくもの。

しかし、時間は貯めることができない。毎日何もしなくても与えられるが、その日のうちに使い切っていかなければならない。

ぼーっとしていても時間は流れていく。時間は上手に使うことしかできない資産である。こういう性質をしっかり意識しておかないと、何か慌ただしいままになくなってしまうものが、時間である。

 

健康もなくなって初めて気が付く資産。

人生でもっとも大切なものの2つではないでしょうか。

その時間と健康というものの大切さを、40代ではしっかりみておきたい。

 

⑧世界に自分は何を残せるかを考える

仕事はその関わり方で、あなたの人生を奇跡に満ちたものにすることもできるし、退屈で灰色にすることもできる。

それは、その仕事をあなたがどう選んだか、どうやるかで決まる

 

・奉仕する喜びは、幸せの源

ライフワークがもたらす、いちばんの報酬は、人に喜ばれる幸せである。

幸せに成功している人は、彼らがワクワクしてやることが、そのまま誰かを幸せにしている。

 

⑫新しいことに挑戦する

・仕事以外で楽しめることを探す

ふだんの仕事以外のことで楽しめることをもっておくと、これから後半の人生が楽しくてくる。

行動基準は、「自分が楽しいかどうか」。楽しいことを中心に生活していっていいのである。長い間、このことを忘れていませんか?

前回ご紹介した「東洋思想」に共通する考え方があります。

booktime.hatenablog.com

40代のうちに仕事以外で楽しめること、見つけて行動にうつしておくことは本当に大切。その時になってから探そうとしても難しい。

 

どんな状況の中でも幸せと豊かさを見出す。40代は、そういう訓練のスタートでもある。

 

後半の人生をずっと幸せで生きられるかどうかは、今日からの生き方にかかっている。自分の実力、個性を知り、すべてを受け入れることが大切。まわりを受け入れ、過去を受け入れ、未来も受け入れて、そして現在を楽しむ。それができたら、人生に幸せと平安を見出すことができる、と著者は最後に書いています。

 

ベストセラー作家の著者だからこそ書けた17個のヒント。たくさんの示唆や学び、気づきをもらうことができました。私もこれから40代を迎えるにあたって、ここに書いてある17個の中で特に共感・納得できたところは必ず実践していこうと思いました。改めて人生の折り返し地点という年齢を目前にして、こういった成功者からのメッセージをしっかりと受け止めて、自分なりに噛み砕いて、自分らしい後悔のない人生を歩んでいきたい。そう思いました。共感できる方はぜひ読んでみてください。おすすめです!

 

アマゾンで詳細を見る

40代にしておきたい17のこと (だいわ文庫)

 

楽天で詳細を見る

40代にしておきたい17のこと 本田 健