ビジネス書 自己啓発本 「本当に役立つ本」 紹介 !

年間300冊以上好きで読んでいますので、アウトプットしようと決意。できるだけ質のいい、活かせる情報を。

「GRIT」やり抜く力   アンジェラ・ダックワース

何か目標を達成したり、仕事や人生で成功をおさめるには「生まれ持った才能や知的能力のある人」だろうと思いがちです。(私もそうでした)しかし、成功するのにそんな才能や知能指数みたいなものは全く関係ない!という力強い主張と勇気とやる気がもらえる本です。しかもあらゆる調査や研究に基づいた根拠も書かれていて、説得力が違います!

GRITやり抜く力

仕事で目標が達成できない、良い企画が思いつかない、うまく絵がかけない、頭の回転が良くないからいい発言ができない、記憶力が良くないから覚えられない・・・

そんな悩みやコンプレックスを持っているビジネスマンにぜひ読んでいただきたい1冊です。読み終わったときには、メラメラとやる気と熱意がこみ上げてきます。

 

TEDトーク「成功のカギは、やり抜く力」の視聴回数は900万回を超え、本書も2016年世界一話題の空前のベストセラーとなった。この著者であるアンジェラ・ダックワースはハーバード大学(神経生物額専攻)を卒業後、オックスフォード大学で修士号神経科学)を取得。マッキンゼー経営コンサルタントを経て、公立中学校の数学の教員となる。その後ペンシルベニア大学で心理学の博士号を取得し、心理学者となる。

そんな天才的な経歴をほこる著者が研究に研究を重ねて出した「誰でもどんな分野でも一流になれる最強・最速のメソッド」が本書で読むこと、知ること、マネることができます。

 

GRIT(やり抜く力)とは、「情熱」と「粘り強さ」をあわせ持っていることです。GRIDが強い人というのは、断固たる強い決意がありそれが下記2つの形となって常に表れている人のことをいいます。

第一に、つまらないことや辛いことがあっても、あきらめようとは夢にも思わないほど並外れて粘り強く、努力家である。第二に、自分が何を求めているのかをよく理解しており、強い決意だけでなく、方向性も定まっている。

 

ポイントとして、

・GRITを伸ばすには、自己の内側からと外側からのアプローチがある。

 

・内側から伸ばす(強くする)方法としては、「①興味」、「②練習」、「③目的」、「④希望」という4つのステップがある。

 

・「①興味」に対しては、自分のやっていることを心から楽しんでこそ情熱が生まれる。

 

・「②練習」に対しては、常に自分のスキルよりも高めの目標を設定し、意図的な練習が必要である。

 

・「③目的」に対しては、自分が個人的に興味や情熱があるものだけを練習してもGRITは伸ばすことができない。人の役に立ちたいという目的意識も大いに必要である。

 

・「④希望」に対しては、この4つのステップの最終段階だけでなく、あらゆる段階に欠かせない要素である。この「希望」こそが目標を達成しようとする際に必ず幾度として現れる困難に立ち向かうための粘り強さである。

 

・「希望」は運とは全く関係がない。困難に対しての考え方や言い方、つまりは解釈次第で希望が背中を押す。

 

・外側から伸ばす方法については

①最低1年以上継続し、最後までやり通す経験により、将来成功する確率が高くなる。

②GRITの強いメンバーの中に身をおくことにより、自身のGRITも伸ばされる。

③長期的に条件がそろえば、自分が所属する集団の規範や価値観は、やがて自分自身の規範価値観になる。などなど。

 

「才能」よりも「やり抜く力」が成功へのカギだという著者の研究結果は、アメリカ社会に大きな影響を与えました。元アメリカ大統領バラク・オバマビル・ゲイツフェイスブックマーク・ザッカーバーグなど、世界最高のリーダーたちも驚愕したこの研究結果は、人生で1回は必ず読んでも損はしないと思います。

 

自分には「才能」が無いから、自分には「学歴」が無いから、などとあきらめている人、才能や知能指数があるのに成果・結果が出ない方など、1度は読む価値のある本だと思います。ビジネスリーダー、エリート学者、オリンピック選手など、成功者の共通点は「才能」ではなく「グリッド」であると言い切る本書、成功のカギをつかみたい方は必読です。

 

 アマゾンで詳細を見る

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける